オリジナルラブ@渋谷AXのレポ

久しぶりのオリジナルラブ。

まず、何よりもジーンときたのは、ファンのみんなでした。

みな、同じくらい、静かに、でも情熱的に、田島さんを愛してますね~。

オリジナルラブのファンって、優しい、いい人が多いなあ。。。

これからも田島さんという人を大切にしていきましょう。



音楽の感想です。

全体的にアレンジがグルービーよりでなくライトな方向で統一されていました。
アレンジによって、同じ曲がガラッと違う曲に聞こえてきたりして、うわすごい、と思いました。

「ふられた気持ち」なんてすっごいセクシーだった。えっと何て言ってたっけ・・・ブルースバンド調のアレンジって言ってたっけか。そうだね、昔は関西にたくさんいたらしいよね、そういうバンド。キヨシロウをほうふつとさせる感じ。

新曲も何曲かやってくれ、すっごいポップな曲があったのですが、それがすごい良かったです。確か、「ディランとブレンダ」だったと思います。もしかして、シングルカットされるのかな?

過去の曲もいろいろやってくれて、「灼熱」がたまらんかった・・・くーーーーっ
やっぱりファンキーでグルービーな曲をやらせたら田島さんの右に出る人はおらん!!(断言)

あと。ひねったメロディーラインとかアレンジの斬新さとか、そういったサイケな感性こそ、この人の持ち味なのかもしれないと思った。(あ、もしかして今回は全編サイケで統一してたのかも?と今気づいた。)ぶっ飛んでるし、クレイジーだし、何ていうんだろ、オリジナルというか。そういうグシャッとしたところがあるからこそ、次が読めないというか。やっぱり面白い。

あとは何よりも、愛すべきキャラなとこだね。何をやっても許してしまう。

2回目のアンコールで舞台から掃けたとき、うるっときた自分がいたので、次回のツアーも絶対に行きます!

追伸:
聞くところによると・・・3回目のアンコールもやったんだってえええっっっつ
知らなかった・・・。おおぉ、残念だ・・・。てことで、また近いうちにライブやってくださいね。
あ、「Two Vibrations」も良かったなあ、すごい良かった・・・。(ボソ・・)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック